院長ご挨拶

<経歴>
昭和52年
札幌医科大学 医学部 卒業
同年
札幌医科大学 整形外科 入局
昭和57年
札幌医科大学 整形外科 助手
昭和58年年
函館五稜郭病院 整形外科 医長
昭和61年
登別厚生年金病院 整形外科 部長<<
昭和63年
北郷整形外科医院 開院

当院は昭和63年(1988年)に整形外科の有床診療所として開院いたしました。当時はここ白石・北郷地区もまだのどかな風景が広がっていました。開院以来、親身な医療をモットーに、整形外科全般にわたる治療を年間約200例の手術をこなしながら行ってまいりました。昨年からはより患者さんのニーズに合わせた診断・治療を行うため、院内を改装し最新のMRIやDEXA(骨密度測定器)などの診断機器を導入し、リハビリ施設の拡充をはかり、一人一人の患者さんに、より親切丁寧な診察と検査、リハビリ治療を行う体制が整いました。
開院以来20年の年月を経て、白石区をはじめ札幌市内はもとより、道内各地から患者さんに来院していただき、中には親子2代のお付き合いという患者さんも増えております。これからも開院当初の志を忘れず地域医療の発展に貢献できればと考えております。

診療方針

  • 明るく親しみやすく
  • 病気にかかって病院に来る患者さんは、皆さん不安でいっぱいではないでしょうか。当院では、受付、看護師、医師などスタッフすべてが、明るく親しみやすい環境づくりに心がけています。診察や検査、治療に対する疑問にも、患者さんの立場に立って親身にお答えするように努めてまいります。

  • 最新の診断設備と治療
  • 当院では、医院改装にあたり最新のMRI 検査装置、骨密度測定装置を新たに導入いたしまた。これにより、今までにもましてより精密な診断、治療方針の確立ができるようになりました。病気の改善や経過も定期的にこれらの検査器械をつかって検査することにより確実に患者さんにご説明することができ、手術等が必要な患者さんには適切な医療機関を御紹介できます。